健康と良い友だち
トップページ 月刊情報紙 書籍案内> 会社案内 お問い合せ
現在位置 [ サイトマップ ] : トップページ月刊情報紙2021年3月号

月刊情報紙

←前月号 2021年3月号 次月号→
<strong>2021年3月号</strong>
※画面をクリックすると大きく表示されます。
知っておきたい日本の文化「雛祭り」
わが街 ザ・ドクター「患者一人ひとりの全体像を把握した治療を」
Green Forest代官山クリニック 院長 関谷宏祐先生
ドクターアドバイス266
「〝健康寿命〟を延ばそう!! ―新型コロナワクチンの基礎知識―」
医療法人財団 百葉の会 銀座医院 院長補佐 久保明先生
家庭で役立つ中国医学「漢方相談Q&A/花粉症に効く漢方薬」
吉祥寺東西薬局 猪越英明先生
江上料理学院レシピ「ねぎみそおにぎり」
養生のすすめ「みじめさが消える気功型の生き方」
帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一先生
読者のひろば
高齢納言のさえずり草紙35
「バーニー・サンダースのミトンに見るアメリカ人のユーモアと慈善精神」
日米加齢考121/アメリカ人学者が見た日本の老人問題
「私が最近信じるようになってきたこと」
カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 名誉教授 ダン・マックラウドPh.D(博士)
いまさら聞けない体の悩み「加齢男性性腺機能障害(LOH症候群)②」
柴山泌尿器科・内科クリニック 院長 柴山太郎先生
東洋医学的歯科治療276「歯ぎしりや食いしばりに効果的なツボ」
(医社)明徳会 福岡歯科 専務理事・郵船ビル院 院長 西原雅史先生
ジジイからの遺言15「コロナ禍の入院で考えたこと」
医療法人社団 明徳会 福岡歯科 会長 福岡明先生
アクティブシニアのためのメディカル講座19「新しいタイプの認知症カフェを」
アルツクリニック東京 院長 新井平伊先生

編集後記
 

事務所のペットのモコは、メスの猫で19歳、人間でいえば92歳です。2月はじめに下の犬歯が折れて出血。慌てて動物病院で診てもらったところ、それ以外に歯肉炎や歯周病で悪化した歯が多く、全身麻酔で抜歯することになりました。結局11本抜き、3泊4日の入院生活を終え、無事に帰宅。獣医師やスタッフの皆さんの親身で的確な対応、何気ない一言に救われることもたびたび。待合室で他のペットと家族に説明する会話からも、動物たちへの愛情の深さが伝わってきます。良い病院、良い医師を選ぶ大事さは、人間も動物も同じです。それにしても猫の抜歯は初体験。それだけ猫も長生きになった、ということなんでしょうね。(玲)

健康と良い友だち 定期購読のご案内
ひとりでも多くの方に、正しくて、わかりやすい健康情報をお伝えすることができれば嬉しい限りです。ぜひ、ご購読ください。
「健康と良い友だち」は定期購読が便利です。ご希望の月から1年間、毎月お手元にお届けします。
●個人定期購読料
(1部/1年間)
3,000円(税込)
●団体・定期購読料
(5部/1年間)
10,500円(税込)
(10部/1年間)
15,750円(税込)
*購読料は全て送料込みとなっています。
みんなでためそう健康かるた